FC2ブログ

路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関のボロ市

 この日、12月の9日と10日は関町が1年の間で一番賑わう日です。
 本立寺のお会式の日蓮聖人の命日としての供養の日である、9日と翌10日に市が立ちます。昔は、草履の鼻緒の布のことをボロとよび、古着を扱う市が多かったため、ボロ市と呼ばれるようになったとか・・・・・?

 12月9日19時からの万燈の行列が有名で花飾りと電飾を施した大きな傘状の花万灯が30台、鐘や太鼓と共に町を練り歩きます。
 関町にこんな人が溢れることも、この日を除いてありません。
日常の関町を知ってる人はどこから、こんなに人がやってきたのだろう?と思ってしまいます。
 

 当日は10~22時、武蔵関駅北口から本立寺の門前に約300前後もの露店が連なります。
 懐かしい、やげん堀の七味売りも出ています。この口上は、聞いているだけで懐かしい気がします。

 我が家も、「関のボロ市」が来て、やっと年の瀬を感じるということになります。
 浅草育ちの寅吉にとっては、こういった機会がこの時だけになってしまったのは、少し寂しくもありますが、こういった夜店の並ぶ雰囲気と寒気の中で夜店の暖かさみたいなものを感じながら年が暮れていくことを実感できることは、まだありがたいことかも知れないと思う今日この頃です。

 餡餅(シャーピン)って知ってますか?
 この「関のボロ市」で一番の行列ができる店があります。
 それが、この餡餅(シャーピン)のお店なんです。
 露天がいっぱい並ぶ通りの一番端に店を出しているのは、長蛇の列が他店の邪魔にならないようにとの配慮かもしれません。それほど長い列が出来、40分はゆうに並ぶことを覚悟しなければなりません。


 夫婦(?)二人での切り盛りで、常に手を動かせながら、シャーピンを作りながら、焼いていきます。
 餡餅(シャーピン)は、おやきに似ていますが、中の具は餃子に似ています。
 また、ここのシャーピンは、他と違ってかなり薄く延ばして焼きます。

 長い時間、寒い中並んで、やっと手に入れたここのシャーピンを頬張ると、なんともいえない美味しさがひろがります。
 我が家の暮には、欠かせない味となってしまいました。

 ここのところ、露天の中に餡餅(シャーピン)のお店が増えてきて、どれもそこそこ流行っているようなのですが、ここの味にはかないません。
 もっとも、ここの噂をかぎつけた人が、露天の別の店を勘違いして並んでしまってるってこともありそうな気がしますが・・・・。

 この日は、玄米パンに始まり、餡餅(シャーピン)、タイ・ラーメン(こんな店、昔は無かったけどね。)、玉こんにゃくを食べ、たこ焼きとお好み焼きを土産に買って、夜店グルメと洒落込みました。
 途中、万燈の行列に遭遇しながら夜店を見て廻るのは、結構楽しいもので、時のたつのを忘れさせてくれます。
 
 年に一度、関町が一番賑わうこの日が、結構楽しみだったりして、好きな日になってしまいました。
スポンサーサイト

みやもとファーム


 土曜日。
 遅く起きた日のランチはちょっと足を伸ばして(っていっても同じ練馬区内)の高松にある、「みやもとファーム」まで出かける。
 最寄駅は大江戸線練馬春日町。
 同じ練馬区なのに内からだと直接行けなくて、結構遠回りを強いられる。
 次回から、ビールを諦めて車で行こうと思った。駐車場は完備されている。


 「みやもとファーム」はもともと農業体験塾などを運営してるらしい。 
 そこでの、野菜などが併設の農園レストランの食材となる。
 といっても、レストランのメインは焼肉である。
 生ビールは、10ccで160円の量り売り。各テーブルにあるサーバーから自分で注ぎます。

 今回は、ステーキランチ(1380円)と国産黒豚のランチ(880円?)を注文。
 肉は、牛豚ともに柔らかく美味しかった。
 もとより、サラダがつくがこれが美味。さすが農園レストラン」って感じがします。

 有店の食材になる、機栽培、減農薬で作られた安全で新鮮な野菜や果物は、店の入口で格安で即売しているらしいが、この日はもうすべて売り切れだった。
 こちらが目当ての人は、早い時間に行った方がようでしょう。

 同じ練馬区内の場所なのに、どこか遠出でもして食事をした雰囲気を味わえるお店でした。
 今度は、ランチじゃなくディナーでも訪れたいと思います。

武蔵野うどん えん座


 我が家の近くに美味しいうどんの店がある。まぁ、近くっていっても歩いて15分ぐらいはかかるかなぁ。
 場所は、西武新宿線「武蔵関駅」から、新青梅街道を目指し、街道にでたら右のほうに歩いていく。「ペンギンズ・ビレッジ」っていう熱帯魚やさんの手前にあります。
 ここの、うどんは、大泉地区(つまり地元ってこと)でとれた地粉をつかった手打ちのうどんです。

 もともと、この地出身のご主人が練馬の地粉にこだわって、昔この地で栽培された品種農林61号を探し求め、新座の農家から練馬ゆかりの粉を分けてもらい、土支田で製粉してもらっているということらしい。


写真はこの日注文した、「季節の糧うどんーおろし入り」です。
 地粉のうどんは、真っ白ではなく、ちょっと飴色がかってます。

 このうどんは、ミネラルもたっぷりで繊維の多さは香川大学の先生のお墨付きだ。(去年、讃岐うどんとの比較のため、わざわざ香川に出向き、うどんを打ったそうです。


また、この写真は、妻の好物「ぶっかけおろし」です。
 もちろん、おろしは「練馬大根」。
 ご主人は、土地の人間が土地で取れたものを調理することにこだわっているらしく、使われる野菜も無農薬の有機栽培のものなので安全です。

 そうそう、練馬大根の収穫シーズンになると、土日に限り練馬大根の葉を練りこんだ粉で打ったうどんを食べることができます。(数量限定だったのでお早めに!)
 昔は、練馬も一面麦畑が広がり、白子川沿いには何基もの水車が廻っていたらしい。そして、祝い事、仏事、収穫など事あるごとにうどんが食された土地柄だったという。
 そんな、昔に想いをはせながら、えん座でうどんを食べる。コシのある美味しい味と、この土地のものを食べられる幸せを両方味わえます。

 「えん座」
  東京都練馬区石神井台8―22―1 第一サンライフ
  営業時間 AM11:00~PM2:30 土曜のみ夜営業 PM6:00~8:30
  定休日 月曜日  TEL 03―3922―0408

 | HOME |  »

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。