FC2ブログ

路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

滝桜&芝桜

 今年のGWは、名物桜を見に行こう!

 まずは、日本三大桜のひとつに数えられる、福島三春の滝桜。
 4月の29日から30日にかけて福島裏磐梯に遊びに行ったときに見てきました。常磐道から磐越道へ走り、三春についたのですが、道はスイスイ、本格的GW突入前のせいか、渋滞は皆無で快適ドライブ。


 今年の滝桜は開花が遅かったせいか、今の時期でも充分楽しめ、HPでは見頃を謳っておりました。確かに、その勇壮な桜の木には圧倒されます。
 見学者の数は大分減ってきたといいますが、まだまだ大勢きていました。ここの駐車場に入る時、「滝桜協力金」として、駐車料金の他に\500を求められます。(あくまでも任意とのことですが・・・)この協力金の徴収も30日が最終日だったのとことでした。


 勇壮な滝桜も近くに寄ってみれば、花の中に緑の葉がちらほら目に付くようになっていました。
 これから、一歩づつ葉桜に近づいているってことがわかります。
 東北・福島の春は、瞬く間に夏へと続いていくんですねぇ。
 緑に覆われた滝桜の木もそれなりに見ごたえがあるそうですが、見物客は少ないそうです。(残念・・・)


 さて、かわって5月の4日には、秩父・羊山公園の芝桜を見に行きました。

 GW真っ只中のこの日、車で行くなんて無茶はいたしません。実際、関越は花園当たりから渋滞30数キロという状態。
 ここは、迷わず所沢にでて、西武特急「レッドアロー号」でゆったりまいりましょう。所沢から指定で座って約1時、渋滞知らずで西武秩父駅に連れてってもらえます。(特急券がちょと高いけど・・・)


 西武秩父の駅に着いてまず驚いたのは、人の多さ。秩父にこれだけの人が訪れるのは、この時期しかないって感じで、トイレ(特に女性用)は、駅や仲見世のトイレ含めどこも長蛇の列。
 それでもめげずに、駅から1キロ強の坂道を登って羊山公園を目指します。
 そして、羊山公園の芝桜の丘に出たとたんに拡がる絶景。


 いろとりどりの芝桜が武甲山を背景に咲き乱れます。
 ピンクも濃淡、紫、白など各色が模様を描くように咲いて、それは見事なもんでした 秩父がこの芝桜をして町おこしを考えたのがわかります。
 これに合わせ、いろいろなイベントや出店なんかも盛んで、一所懸命盛り上げようとする気持ちが伝わってくるようでした。

 ただ、この芝桜の丘で残念なのは、出店の食べ物の臭い(イカ焼きとか、いろいろな臭いが混ざって)がたちこめ、芝桜の香りを阻害してしまってること。もっと、花そのものを楽しませる配慮が欲しいと思った。
 それと、これほどの人の多さもあるんだろうが、ゴミの散乱。ゴミ箱が溢れていて、散らかっていること。
 あとなにより、どこのトイレも汚い。
 こまめな清掃は大変だろうが、トイレの綺麗、汚いは観光地の評価基準にもなりうる要素だと思う。真剣に町おこしを考えるなら、こういったところこそ第一に配慮すべきと感じた。

 以上GWの桜見物の報告でした。
スポンサーサイト

梅は咲いたか・・・・・・・


 今年も梅見は、近場の“神代植物公園”へ。
 なんていっても近いのがいい。車で30分位。そういえば臨時駐車場の料金が、時間制になってた。去年までは、1回600円だったとおもたんだけど・・・・。常設の駐車場と同じ料金体系になってたね。
 でも、昼近くから出て行って楽しめるっていうのは、魅力なんですよねぇ。


 着いたらまず、腹ごしらえってことで、深大寺の参道の方へ。
 ここで「深大寺そば」を食すことに。
 

 若竹のてんぷら付の蕎麦が季節を感じさせてくれていいんですよ。
蕎麦を食べ終えると、参道のお店から、甘いものが誘いをかけてきます。特に、ここのソバ・パンは、そそります。
 なんで、ソバの後って甘いものが欲しくなるんでしょうか?(自分だけ?)
 腹が満足したら、植物公園へ入場。(入園料は大人\600)


 昨日は天気もよく、暖かく、まさに“梅見日和”な日でした。
 梅も満開で、花粉症の自分はマスクをしてるためその香りを嗅ぐことは出来ませんでしたが、妻はその香りを満喫したようでした。
 

 すべての梅が今が見頃と競っているようでした。
植物公園内では、他に“椿”“クリスマスローズ”“福寿草”が見頃を迎え、目を楽しませてくれてます。
 近場の梅見もなかなか捨てたもんじゃありません。

奥多摩紅葉めぐり

 この時期わが家(といっても妻と二人の間だけだが)は、恒例の紅葉狩りに出かける。
 場所は、奥多摩。我が家から車で青梅街道をひたすら走る。ドライブの一番の負担となる有料道路の料金もかからなく、ガソリン代だけで楽しめる、しごく経済的なドライブでもある。
 また、この紅葉狩りには、違った目的が二つある。

 そのひとつは、車をスタートさせて2時間。目的地の奥多摩湖にさしかかったところにある「のんき屋」で手打ち中華そばで昼食をとるのだ。ゆっくりめのAM8:00に起き、車をスタートさせたのがAM10:00を少し廻ったころ。「のんき屋」到着は、12:00を少し廻り、昼食時間にピッタリだ。

 のんき屋での一番のお勧めは、やはり手打ち中華そば。手打ちです、ってかんじの麺がいいんですよ。味はさっぱりめですが素朴な味わいで、ここに来ると食べずにいられない味です。
餃子もなかなかいけますよ。

 昼食を終えたらいよいよ紅葉狩りのスタート!
まずは、奥多摩湖に沿って走り、奥多摩周遊道路にでます。
 少し走ると「山のふるさと村」の標識がありますので、ここで一休み。ここからの景色がなかなか素晴らしいのと、空気が澄んでいてここが東京であることを忘れさせてくれます。

 「山のふるさと村」を後にして、奥多摩周遊道路を走らせます。
 途中、景色のいい場所に駐車場があります。ふるさと村を出てから最初の駐車場が「月夜見第一駐車場」になります。

 「月夜見第一駐車場」からは、奥多摩湖が一望できます。
 特に、この日のように天気に恵まれた時の景色は絶景です。奥多摩湖の水の色と紅葉のコントラストに空の色が混じり、総天然色っていうのは、こういうことをいうんだなぁ、と思わせてくれます。

 この駐車場を後にしたら、あとは適当に景色のいいところがあれば、その近くの駐車場に止めつつ、移ろう景色を見ながら、周遊道路を檜原ゲートへ向けて走らせます。
 ここに、もうひとつの目的地「山小屋」があります。そう、この紅葉狩りの別の目的のひとつは、ここで「すいとん」を食べることでした。

 ここで「すいとん」を食べることは、その年の台風の影響による周遊道路の通行止めがあった一昨年以外は完全に定番化しています。
 懐かしく、あたたかい「すいとん」の味は絶品です。

 山小屋で「すいとん」を食したら、この「奥多摩紅葉めぐり」の旅の目的はすべて果たしたことになります。
 時刻も夕方となり、日暮れが近づいてます。
 あとは、農産物の直売所などを覗きながら、「おやき」でも食べて(食べてばっかりみたいな気が・・・・)帰りましょう。
 さすがに、土曜日の帰り道は、渋滞もあり(この時期、工事も増えてきてるんですよ。)往路ほど順調に流れませんが、五日市街道を経て我が家まで約3時間のドライブです。
 同じ東京で、全然別の空気と景色を感じられる、この時期の「奥多摩紅葉めぐり」は、我が家の定番行事となっております。

 | HOME |  »

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。