FC2ブログ

路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ食洗 NP-TCR1 の仕事ぶりを見てみる

 さて、プチ食洗 NP-TCR1は、どれくらい綺麗になるのか。
 前回も書いたが、この食洗機は、洗いのコースは、除菌ミストから洗浄、乾燥までで約90分のコースオンリーと言っていい。あとは、乾燥を省略して時間を短縮するとかの方法をとるしかない。
 それだけ、時間がかかるのだから、それはその洗いの効果に期待するしか無いだろう。
 
 それでも驚くのがガラス食器の洗い上がり。まるで新品のような輝きが戻る。期待していた以上の結果だ。

 
 このグラスの輝きを見て欲しい。前の食洗機と比べても雲泥の差だと実感できる。これは、やはりミスト除菌洗浄のこうかなのだろうか。
 この洗い上がりは、このプチ食洗を使って一番の驚きと満足があったことでもある。

 
 
 つぎは、チョコレートケーキの残がこびりついた白い皿。多少深さもある為、下洗い無しに食洗機に入れると、洗い残しがでても不思議ではない。実際、以前の食洗機では下洗いが欠かせなかった。

 
 その白皿の洗い上がり。下洗い無しにプチ食洗で洗ったもの。どうです、この輝き。仕事ぶりとしては完璧だと思うんだけど。妻もこの洗い上がりには驚いておりました。時間がかかる点を差し引いても満足のいく仕事ぶりです。

 
 
 もうひとつ、これは納豆をいれた入れ物。完璧な洗い上がり。ネバネバ納豆の糸がこびりついた皿は洗いにくいもの。下洗い無し入れれば必ず洗い残しが残るのだが、ミスト洗浄の威力か、洗い残しゼロで、まえに納豆が入っていた痕跡は跡形も無い。

 
 プチ食洗の仕事ぶりの評価は高い。
 簡易的な洗浄コースが無いのはマイナスかも知れないが、こと仕事の結果は、期待以上のものがある。
 まぁ、プチ食洗というなの通り、一度に洗える量は、夫婦2人暮らしの我が家でも物足りない面があるのは確かだ。 
 どうしても入れ込めない食器がでることも多々ある。できれば、食器を入れる内カゴの構造を工夫して、もう少し入れ易く、入れられる量が増えると良いと感じる。
 まぁ、それは手洗いで凌いで、入る分を入るだけ、入れ方に工夫しながら使っている。
 特に、汚れがしつこい食器やグラス類は優先的にプチ食洗へ。それだけ洗浄力が高いと言える。
 
 多少の手洗いと平行しながらも、食後の後片付けに費やす時間は、短縮できている。
 テレビを見ながら妻との団欒時間が、また戻って来た。
 後は寝る前に、プチ食洗のスイッチを入れるだけで、明朝には綺麗に洗い上がっている。
 この食洗機のコンセプトは、良く出来ている。
 使い続けて、そう感じるこのごろだ。
スポンサーサイト

プチ食洗 NP-TCR1 の使い勝手はどうだろう

 さて、プチ食洗 NP-TCR1を本格的に使い始めての感想を書こう。
 前回も書いたが、そのコンパクトな大きさから、食器を庫内に上手く収めるには、多少の工夫がいる。
 
 食器の向き、洗浄用のノズルから上手く水が当たる方向に食器を並べる。 これが、洗浄後の食器の綺麗さに関わる。このようにある程度小さめの食器が多いと入れ易い。

 
 このような大きなカレー皿などは、入れようとしても入らない。他に食器が無ければ、無理矢理斜めに入れることが可能かも知れないけど・・・・。自ずとこういう大皿は手洗いすることになる。

 
 
 この日のメイン・デッシュは、この油付きの白皿。これがどこまで落ちているかで、ある程度の洗浄力を見る事ができると考えた。ミスト洗浄の威力も見てみたい。

 
 洗浄後の白皿。完璧にピカピカだ。大小のミストで除菌しながら汚れをはがすという触れ込みは嘘じゃなかった。ある程度の汚れは落ちると期待していたが、まさか新品の皿のような仕上がりまでとは思わなかった。


 入れ方に多少の工夫はいるものの、この完璧な汚れ落ちをみると、このプチ食洗は、大きさこそプチだが、その能力は、決してプチでゃない。というか、かなりの高い能力を有している。
 
 
 操作も至って簡単。前面のパネルにはボタンも少なく、機械音痴の妻が簡単に把握できてしまった。簡単な操作こそ最大のメリットだと思う。

 
 こうして使い始めての感想は、上々。
 2人暮らしのうちの家庭にはジャストフィットだし、妻の食器洗いの時間が短縮できて、2人でテレビを見てくつろぐ時間が増えた。
 ただひとつ残念なことは、前の食洗機にはあった、時短コース(8分の簡易洗浄コース)がなかったこと。
 これ、案外便利で、ちょっとした汚れはこれで十分であったので、よく利用していた。
 このプチ食洗 NP-TCR1には、除菌ミストから洗浄、乾燥までで約90分のコースと、乾燥無しで60分のコースだけで、それなりに時間がかかる。そのため、結局寝る前にスイッチを入れて寝ている間に専用という方法を取る事が多い。
 それ故、量が多かったり、大きな皿があるとき等、分けて洗浄したい時、時間的に難しくなるってことなんだなぁ。
 これが、唯一の欠点かな。

 次回は、食器の形状や種類で、洗浄力がそうなるかをレポートする予定。

プチ食洗 NP-TCR1 を使ってみる

 4月29日に設置した、プチ食洗 NP-TCR1をいよいよ使ってみる。 
 設置し終わった時は、このコンパクトさに、夫婦2人での我が家の生活では、十分なのではないかとその狙いに感心した。 
 
 しかしながら、いざ実際にこの庫内に食器を収めようと思うと大変だ。
 以前の食洗機は、高さがあっため、収納スペースが2段になっていた。このプチ食洗は、その名の通りプチであるため、1段の限られたスペースとなる。

 
 カタログやHPの説明等には、2、3人の家族の食器使用量の平均が13点で、このプチ食洗は18点を収納できると書いてある。
この18点が癖もんなんだよなぁ。
 確かに、カタログや説明書のような、形の揃った食器で、2名分しっかりそろえればそうなるんだろうが、実際の過程でこれほど形の揃った食器で毎回食事をする家庭がどれほどあるのだろうか。


 
 実際我が家の食事で使った食器はこの通り。夫婦2人の食事でも、このように形も大きさも多様な食器が、15点程。これを庫内に整然と収めなくてはならない。

 
 結局、これを庫内に収めると写真のようになる。これがカタログや説明書と違って現実の姿になるのだろう。これでも最初の運転だから食器は少なめで丁寧に入れたつもりなんだけど。


 まぁ、実際は、カタログのように向きを揃えて、同じ大きさの食器を、収めるべきところにキッチととはいかないことは、経験上わかっていたこと。
 それでも、このプチ食洗は、1〜2人用を唱うだけあって、その辺の割り切り方が凄いと思う。
 1段だけの収納スペースではあるが、変な区切りが無い分入れ易いという利点もあることに気がついた。
 なんだかんだで、我が家の不揃いの形をした食器がしっかり収まり、洗浄できてしまった。
 これは、次回詳しく書くが、その洗浄力も捨てたもんじゃない。っていうかかなりのものだった。
 
 
 洗い上がりで扉を開いて感じたのは、淵の部分に水滴が残っていた事。これを完璧にするのは難しいのだろうけど、食器の洗い上がりが、よかっただけに少々気になった。

 
 こうして、試運転というか、最初の使用は無事終了。
 次回は、どういう大きさの食器をどういう入れ方をしたらよいか。
 食器の種類や汚れによっての洗浄力などをリポートして行きたいと思います。 

 | HOME |  »

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。