路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武蔵野うどん えん座


 我が家の近くに美味しいうどんの店がある。まぁ、近くっていっても歩いて15分ぐらいはかかるかなぁ。
 場所は、西武新宿線「武蔵関駅」から、新青梅街道を目指し、街道にでたら右のほうに歩いていく。「ペンギンズ・ビレッジ」っていう熱帯魚やさんの手前にあります。
 ここの、うどんは、大泉地区(つまり地元ってこと)でとれた地粉をつかった手打ちのうどんです。

 もともと、この地出身のご主人が練馬の地粉にこだわって、昔この地で栽培された品種農林61号を探し求め、新座の農家から練馬ゆかりの粉を分けてもらい、土支田で製粉してもらっているということらしい。


写真はこの日注文した、「季節の糧うどんーおろし入り」です。
 地粉のうどんは、真っ白ではなく、ちょっと飴色がかってます。

 このうどんは、ミネラルもたっぷりで繊維の多さは香川大学の先生のお墨付きだ。(去年、讃岐うどんとの比較のため、わざわざ香川に出向き、うどんを打ったそうです。


また、この写真は、妻の好物「ぶっかけおろし」です。
 もちろん、おろしは「練馬大根」。
 ご主人は、土地の人間が土地で取れたものを調理することにこだわっているらしく、使われる野菜も無農薬の有機栽培のものなので安全です。

 そうそう、練馬大根の収穫シーズンになると、土日に限り練馬大根の葉を練りこんだ粉で打ったうどんを食べることができます。(数量限定だったのでお早めに!)
 昔は、練馬も一面麦畑が広がり、白子川沿いには何基もの水車が廻っていたらしい。そして、祝い事、仏事、収穫など事あるごとにうどんが食された土地柄だったという。
 そんな、昔に想いをはせながら、えん座でうどんを食べる。コシのある美味しい味と、この土地のものを食べられる幸せを両方味わえます。

 「えん座」
  東京都練馬区石神井台8―22―1 第一サンライフ
  営業時間 AM11:00~PM2:30 土曜のみ夜営業 PM6:00~8:30
  定休日 月曜日  TEL 03―3922―0408
スポンサーサイト

iPod shuffle FRISK ケースを作ってみた。

 
 iPod shuffleにケースをかぶせるのが流行らしい。
 純正のスポーツケースシリコンジャケットなるものも発売されてるらしい。

 そんな、こんなで寅吉がネットで発見し、そそられたのが「FRISK」のケースを加工したもの。なんか非常にキュートでかつ遊び心満載って感じ。

 どうせ、3千円もかけて市販品をかうなら、自分も作ってみるべぇって、さっそくチャレンジしました。
 


 まず、右の写真のようにふたの部分(FRISKと書いてあるほうの面)と本体(裏面=底の部分)を分け、底の部分にコントロール部分を出すための円形の穴をあけます。円カッター(コンパスカッター)などを使用し繰り返しなぞることできれいにくりぬけます。また、位置決めは、iPod shuffleをコピーし、中に貼り付け、円の中心をとるとうまくいきます。その上にステータスランプが見えるように位置をを決め、キリなどで穴をあけておきます。

 同様に、ヘッドフォンの挿入口の位置を決め、キリで穴をあけ大きさをヤスリ等で調整します。
 そして、フリスクが出るレールの部分とうしろの部分をiPod shuffleの幅で切り落とします。のこカッターろプラカッターがあると便利です。
 


 次にふた部分(「FRISK」のプリントされてる方)を調整します。
 ことらは、それほどいじることはないのですが、ふたがすべてスライドしてしまわないようにストッパーとしての山いくつかあります。これを彫刻刀などで削り落とし、ヤスリで整えます。
 これを怠ると、ふた部分が浮いた感じになってしまいます。労を惜しまず、ちゃんとけずりましょう。

 写真のiPod shuffleは、後のスイッチがすべって操作しにくいので薄いシリコンゴムのようなものを貼り付けてます。これも極力薄く小さくなるようカッター、ヤスリで削って、ふたが浮かないよう調整してます。
 あとは、細かい部分をヤスリ等で整えれば完成。見事、FRISK iPod shuffleの登場です。
 


 さて、使ってみての感想ですが、なかなかイケますよ。
 裏の電源スイッチ(シュッフルなどの切替をおこなうところ)は、ふたをスライドさせて操作しなくてはならないのですが、これは最初と最後の時だけの操作なのでそんなに苦にはならないと思います。それより、ボリュームとか曲の送り・戻しがケースをしたままできるので便利です。

 電車の中でとか操作してると、「何だろう?」って感じで見られ、目立つこと請け合いです。  とにかく、このFRISKを利用してのiPod shuffleのケースを最初に考えついた人には敬意を払います。ナイス!発想です。
 費用(加工のための道具を除く)もFRISKを買うだけ。高額なケースを買う必要もありません。
 腕に覚えのある方は、お試しあれ!

珈琲茶房 花仙堂

 

 花見の帰り、といっても人の多さに負けて帰るときに寄った甘味処。
 マルイの横の通りを井の頭公園に向かっていく途中にあります。

 地下?へ下る階段を降りたところに入り口があり、その前には桜の木。ちょうど満開で咲き誇っておりました。
 中は、明治とかの洋館?風というか、和風なんだけど洋物っぽい感じ。古風なんだけど新しい感じ。大正レトロとでもいうか風情がある内装になっています。壁に書かれた水墨画がいい味出してます。

 ここで「黒胡麻パフェ」とアイスコーヒー、妻は「珈琲ソフトクリーム」と花仙堂オリジナルブレンドをたのみました。
 黒ごまパフェは、黒ごまアイスと白あんクリームにコーヒーゼリーが入っていて甘すぎず、美味しかった。珈琲ソフトクリームも絶品でしたが、なによりコーヒーの味がよい。さすが珈琲茶房を名乗るだけのことはあると感じられます。

 お昼のメニューなんかもあるので、1回昼を食べに行ってみたいと思ってます。

桜三景

 
 桜の見頃はこの土日までなどと言われてしまうから、井の頭公園までお花見気分の散歩としゃれ込んだ。
 今年の桜は開花が遅く、なかなか開花情報が聞けなかったが、先週気温が上がると、あっと言う間に満開となり、お花見には最初で最後の土日ということで人がわんさか繰り出した。

 井の頭公園の桜は見事であったが、そこにたどり着くまだが大変。まるで明治神宮や浅草寺の初詣状態。公園の手前(マルイのよこの路地)から人がごった返して、なかなか前へ進まない。
 道端では、通りのお店が花見用のつまみを取り揃え、呼び込み販売中。

 

 それでも、その人ごみに押されつつ、公園にたどり着くと、見事な景色が広がります。
 池のボートも長蛇の列。池にはボートとあのアヒル型の足こぎのラッシュ。桜も見事ですが人出も見事です。
 人ごみの散歩は疲れる!花見も早々に、近くの「花仙堂」(「路地裏の美味」参照)でお茶をして退散いたしました。

 いったん帰宅後、夕食をとり、近くの石神井川沿いに夜桜見物。
 

 こちらは、いったて静かで人通りも少なく落ち着いて夜桜見物ができる。
 メジャーな場所じゃなくても、桜はちゃんと咲き誇り、目を楽しませてくれている。この川沿いの団地の住民らしき人たちが、花見の宴を開いていた。少し先には出店も出ていたが、暇そうでした。

 桜はもう葉桜になりかけてるものもあり、週明けに天気がくずれればそれで終わりだろう。
 まあ、1年が過ぎていく・・・・・。

道の駅 八千代ふるさとステーション

 妻の祖父母のお墓が千葉の八千代台にある。
 いつも、お墓参りはお彼岸を少しずらして行くことが定例となっている。そのほうが、お彼岸に大勢訪れた後、ゆっくりお墓参りができるし、祖父母も寂しくないだろうという勝手な解釈なのだが・・・・。
 もっとも、寅吉の母の墓参り、妻の父方の墓参りをお彼岸に行うと、妻の母方のお墓参りはどうしてもお彼岸の時には不可能になってしまうのだが・・・・。

 ということで、先日遅ればせながら、八千代台にお墓参りに行ってきた。
 案の定、お彼岸に供えられたらしい花は、枯れており、持参した新しい花を供え、無事お墓参りを済ますことができた。
 
 

 この、お墓参りのもうひとつの目的がある。 それは、近くの「道の駅 ふるさとステーション八千代」に寄ることだ。
 ここは、東京から近い割りに、充実した「道の駅」で、お墓参りの度に訪れるのを楽しみにしている。 
国道16号を八千代方面から柏方面へ向かって走った、米本って場所にある。
 周りは自然に囲まれ、この季節には苺狩りなんかもできる。
 数ある道の駅でも来客数も多く、工夫もしており、優秀な道の駅だと思いますよ。
iPod shuffle まずは、昼食。ここではレストランで海鮮丼を頼む。ボリュームたっぷり。値段も800円とリーズナブルな海鮮丼はここの名物でもあります。
 そして、デザートは併設のアイスクリ-ムショップ「プチシャンデリー」で。妻はこの季節限定のイチゴを、寅吉は小倉を食べる。どちらもチョーおいしい!
 その他、数種類のティストが揃う。寅吉は牛乳が気になっている。次は是非、トライしてみよう。

iPod shuffle そして、妻の最大のお楽しみ。直売所でのショッピングタイム!
 新鮮な野菜が所狭しと並んでいます。写真は、直売所の増設?スペース。ここで、1週間分の野菜を買いだめ。安くて新鮮で大満足。採りたての苺も買って。
 地元のお豆腐屋さんの胡麻豆腐なんかもあり、コレもいけますよ。また、お惣菜や炊き込みご飯なども販売しております。(結構売り切れも多いのでお早めに。)

 最後に、いつもならこの時期は周辺に桜が咲き乱れ、お花見にも絶好のロケーションなんですが、今年は残念ながら開花が遅れており、蕾のままでした。残念!

ハモニカ横丁 スパ吉

iPod shuffle

 今日は、吉祥寺のハモニカ横丁にあるお店。
 ハモニカ横丁は、路地裏の雰囲気満点で、美味しそうなお店も結構あります。

 その中のひとつ、「スパ吉」。
 ここの、一晩じっくり煮込んだミートソースは、絶品!
 麺もモチッとした平麺(パスタでは珍しいかも・・・)で食感もよく、ミートソースとよく合います。寅吉は、この大盛りを頼み、妻はそのシーズンの旬を使ったパスタ(この間は、旬の葱と海老の生姜醤油仕立てだったかな。)を頼み、分け合って食べた。この旬の食材を使ったパスタもシーズン毎よく研究して提案されるので楽しみのひとつだ。

 従業員さんの対応もよく、行列の処理(並んでいるときから、タイミングを見計らい注文を聞いてくれる。故に席について程なく注文のパスタが出てきます。)も適切。奥行きがあるので、行列ができてても、待ち時間はそれほどでもないことが多い。

休日のブランチなどに最適。ハモニカ横丁の懐かしい風景と合わせて楽しめます。

 | HOME | 

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。