路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港旅行 2日目

 香港の朝は、お粥から始まる。(そう決めている。)
 そういえば、昨日は夜で気付かなかったのだが、ホテルの部屋の窓のカーテンを開けると、シェラトンなどのビルの隙間から“ちょっとだけハーバービュー”だった。

 朝食のお粥は、怡園粥麺小廚(イ ユン カユ ヌン テン)で。
 いつ食べても、香港のお粥はおいしい。値段も安いし、節約旅行にピッタリだ。

 朝食を済ませた後、重慶大廈(チョンキンマンション)で両替。
 ここの両替が一番レートがいいと評判。(空港は最悪。)ちょっと、胡散臭い場所だけど、入り口付近はボッタクリが多いと言うので、真ん中くらいにある店で両替。納得のレートだった。

 さぁ、ディズニーランドを目指そう。
 尖沙咀(チムサーチョイ)から地下鉄に乗って、茘景でMTR東涌線に乗り換える。欣澳に着いたらMTRに乗り換えて、香港迪士尼樂園が終点だ。
 この迪士尼線(ディズニー・リゾート・ライン)は、日本のと同じように、ミッキーの窓のついた電車で、駅に到着と同時にディズニーランドへ来た気分を盛り上げてくれる。

 駅からは、ミッキーが鯨の潮吹きでサーフィンしている噴水などを眺めながらエントランスへ。
 入場券(パスポート)は、窓口でWEBで予約した紙(画面を印刷したもの)を見せて購入。香港は世界で一番安いパスポートの価格となっていて、この日は平日のため、日本円で4000円くらいだった。

エントランスをくぐると、お決まりのミッキーの花壇がお目見え。
香港の青い空とのコントラストがいい感じです。
 すでにオープンしていましたが、混雑はなく程よい感じでラッキーだった。
 そうそう、定番のグリーディングも行われていましたよ。


まずは、日本にないアトラクションにと、最初に見たのが「ミッキーのフィルファー・マジック」(オーランドのWDWにはすでに登場しているらしい。)
3D眼鏡をかけ映像を楽しむ「ミクロ・アドバンチャー」タイプのアトラクション。きっと日本もその内に、ミクロに代わって登場することでしょう。

 そのあと、「ジャングル・リバー・クルーズ」を楽しむ。
 これは、日本と違ってガイドの言語を選ぶ列がある。とりあえず北京語の列に並んでみた。
 内容は、いままでの「ジャングル・クルーズ」と違って、炎が上がるシーンなんかもあって新鮮に楽しめた。(北京語は全然わからなかったが、なんとなく想像がつく。)
 
 「プーさんのハニー・ハント」は、オーランド・タイプで日本の方がいい感じ。
 ここは、途中写真撮影があるが、タイミングを失い(気付くのが遅く)よく写っていなかったのでボツ!

 香港のショーは、「ゴールデン・ミッキー」
 香港のエンターティメントをなめたらいけません。
 「フィール・ザ・マジック」を思わせるステージ。
 よくできた構成で最後まで楽しませてくれます。

 それから、「アストロ・オービター」などのアトラクションをいくつか楽しみながら、「フェステバル・オブ・ライオンキング」のステージ時間を待つ。
 これもオーランドのアニマル・キングダムで見て、感激したステージだ。それを香港でも見られると聞いて、大いに楽しみにしていた。

多少構成が変わっていたが、本場に負けない出来で楽しめた。
途中、英語と北京語がチャンポンになってたりして、香港らしさを感じさせていた。
 見てる観客で大声で話す現地人とかは、気になったけど・・・・。

 ほとんど目的のアトラクションを攻略。時間も夕刻に近づく。
 もっと、混んでて大変かと思ったが、ファスト・パスを使うまでも無く、楽しめたのは平日のせいと、オープン直後のエアポケットみたいな感じの日だったからかも知れない。
 事前に、香港の客のマナー伝々を伝え聞いていたが、そんな感じはしなかった。(以前いったパリの客より数段ましだったと思う。)
 ただ、この時期の香港は暑い。日本のディズニー・ランドの夏よりさらに過酷と思っていい。オーランドも暑いが、湿度がないのでカラっとしているが、香港は湿度も高いので大変だ。夏に行く人は、覚悟と準備が必要だろう。
 最後にディズニーランド鉄道に乗って、1周して別れを告げた。

 この日の夕食は、「ワンポア・グルメ・プレイス」内にある『詠藜園』というお店。スターフェリーの乗り場のバスターミナルからバスで行く。(行きは、時間も無かったのでタクシーを利用したけどね・・・)
 「ワンポア・グルメ・プレイス」は、最近出来たグルメビルで、餃子専門店から宮廷料理まで11の有名レストランが軒を並べている。あの台湾で有名な「鼎泰豊」の支店も入っている。

 ここは、四川料理の名店として名高く、特に「担担麺」が有名。
 写真の他に麻婆豆腐とエビチリを頼んでみました。
 確かに美味しかったけど、期待ほどじゃない。「白切肉(ゆで豚の薄切り)」の方がお勧めって感じだった。ただ、この場所は言って見る価値あり、今度は別の店に入ってみたい。
 

 帰りはスターフェリーの乗り場から、プロムナードを散歩がてらホテルへ戻る。
 バスを降りてすぐの『許留山』でマンゴープリンを食す。プリン嫌いの寅吉もここのマンゴープリンは好物です。

 星光大道もでき、香港映画のスターの手形などが埋め込まれている。
 ここから、見る夜景も絶品。ビクトリア・ピークとは違ったよさがある。
 今回は、ビクトリア・ピークに行く時間が取れそうにないので、ここで夜景を満喫する。毎夜行われているって言うレーザー・ショーは、時間が合わず見損なったのが残念。

 潮風に吹かれながら歩けば、程なくホテルへ到着だ。

 明日は、ショッピング・デイの予定かな?
スポンサーサイト

香港旅行 1日目

 今年は少し時間が取れたので、香港へ行って見ようと考えたのはつい最近だった。
 ノースウエストのマイルが少々貯まっていたので、アジア圏なら妻と2人で十分往復が可能だ。
 しかし、このマイルを使っての特典旅行ってやつは、どの程度その座席を用意してくれているのか、はなはだ疑問でもある。手配は約2週間前くらいに思いついたので希望の日時の便がなかんか取れない。

 ノースウエストの場合、ルールバスターといって、マイルを通常の1.5倍位使えば、結構望みどおりの日程が可能になるのだが、そこまではマイルも貯まってないし、普通ならビジネス・クラスでも可能なマイル数なので、なんだかシャクな気もする。
 今一番マイルが貯まっている、ユナイテッドの場合はブラックアウトもないので、もう少し取りやすいと思うのだが、ユナイテッドの方は思うところもあり、もう少し貯めておきたいと思っているため今回は、アンタッチャブルにしておいた。

 あくまで今回は、マイルを使って、出来るだけ安上がりに上げることを第一とし、便が取れた日程で3泊4日の行程となった。(ノースウエストの便は、、日本を夜発つ便と、香港を朝発つ便しかないので、実質中2日が許される行動日となる。)
 そして、もうひとつは、「出来たばかりの香港ディズニー・ランドに行ってみよう!」ということだ。

 ホテルの手配も出来るだけ経済的なホテルを主眼においた。
 それは、地の利がよく(ディズニー・ランドやショッピングなどの行動がとりやすい。)、3泊での料金が日本円で5万以内に納まるホテルという意味出だ。
 過去の香港旅行では、ホリディイン・ゴールデンマイル、ペニンシュラ、シェラトン(これは仕事で)などグレードが高いホテルに泊まったが、今回は対象から外さざる得なかった。
 そんなこんなで、悩んだ末選んだのは、カオルーン・ホテルとYMCA。
 どちらも、香港の中心・尖沙咀(チムシャチョイ)に位置して、しごく便がいい。しかし、YMCAは満室とのことで、必然的にカオルーン・ホテルに決まった。
 ネットで調べると、かってはペニンシュラ系であったが、経営が変わってハーバー・プラザ系に移ったらしいとのこと。交通の便はいいが、部屋が狭いとの声が多かった。でも、寝るだけだからまぁいいか、ってことで自分を納得させて決めた。

 ディズニー・ランドは、入場券の予約が必要とのことなので、ネットから予約を完了。結構簡単に済んだので助かった。
 これで、主だった準備が整い、あとは出発するのみ。

 出発日の数日前、ノースウエスの破綻がニュースで流れ、少々不安であったが、飛行機はなにごともなかったかのように、フライトの準備を終えていました。(ノースからもメールが届いていたので大丈夫とは思っていましたが・・・)以前、台湾へ言った時も、直前にユナイテッドの破綻が伝えられたりしたことがあったし、免疫が出来てた感じだね。

 この日は、午後から車で家を出て、成田でチェックイン。車は、パーキングへ預ける。
 あとは、約4時間のフライトだ。

 NW17便は、18時35分成田発。1時間の時差を経て22時20分香港着の予定。
 出発が少々遅れたが、定刻に香港に着く。
 入国審査を済ませ、エアポート・エクスプレスで九龍駅まで、本来ここから無料のシャトルバスでホテルの前まで行けるのだが、今はもう時刻が遅いため、タクシーで行くしかない。

 無事ホテルに到着。
 チェックインの時に、余計に金額を出せば、部屋をアップグレードしますよと勧められるが、丁重にお断りする。
 こちとら、今回は節約りょこうだい!
 ということで、当初の予定通りの部屋に通される。
 予想通り、覚悟していた狭さだ。(いまやネットで情報を得られるので、事前に覚悟が出来てるため、その日にショックをうけることは、まずないけど・・・)

 さぁ、シャワーを浴びて寝るだけだ。
 でも、部屋にはウエルカム・フルーツとミネラルウォーターのペットボトルが2本。ちょっと、嬉しかった。

 | HOME | 

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。