FC2ブログ

路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅は咲いたか・・・・・・・


 今年も梅見は、近場の“神代植物公園”へ。
 なんていっても近いのがいい。車で30分位。そういえば臨時駐車場の料金が、時間制になってた。去年までは、1回600円だったとおもたんだけど・・・・。常設の駐車場と同じ料金体系になってたね。
 でも、昼近くから出て行って楽しめるっていうのは、魅力なんですよねぇ。


 着いたらまず、腹ごしらえってことで、深大寺の参道の方へ。
 ここで「深大寺そば」を食すことに。
 

 若竹のてんぷら付の蕎麦が季節を感じさせてくれていいんですよ。
蕎麦を食べ終えると、参道のお店から、甘いものが誘いをかけてきます。特に、ここのソバ・パンは、そそります。
 なんで、ソバの後って甘いものが欲しくなるんでしょうか?(自分だけ?)
 腹が満足したら、植物公園へ入場。(入園料は大人\600)


 昨日は天気もよく、暖かく、まさに“梅見日和”な日でした。
 梅も満開で、花粉症の自分はマスクをしてるためその香りを嗅ぐことは出来ませんでしたが、妻はその香りを満喫したようでした。
 

 すべての梅が今が見頃と競っているようでした。
植物公園内では、他に“椿”“クリスマスローズ”“福寿草”が見頃を迎え、目を楽しませてくれてます。
 近場の梅見もなかなか捨てたもんじゃありません。
スポンサーサイト

マンモス出現


 愛知万博で話題を集めた、あの「ユカギルマンモス」を見にお台場まで行ってきた。
 なんせ、このマンモスを見たさに、何度「愛・地球博」に行こうかと思ったことか・・・。結局、“マンモス”と“サツキとメイの家”だけの為に、名古屋までの交通費と宿泊費を天秤にかけて見送った次第だ。

 それが東京で見られると知ってから、「こりゃ、一回みておかにゃ~!」ってことで、本日お台場に出没。
 場所は、フジテレビの本社社屋(あの球体の展望台のあるところね。)の7F特設会場。入場料が\1000かかる。これが高いか、安いかは人それそれだろうね。
 お台場まで、車で行くにしろ、電車にしろ我が家からは、そこそこかかる。電車は、私鉄・JR・ゆりかもめを乗り継ぐから、片道ひとり\730かかる。つまり、二人で往復で\2920ってことだ。
 車なら、ガソリン代を除けば、高速を使わないで、駐車場代(1日\1500を利用)のみ、ってことで車で行くことにした。

 会場は、日曜と言うこともあり、丁度入場したPM2:00過ぎ頃から混み始めたみたいだった。
 きっと万博では、もっと混んでて大変だったんだろうなんて考えてみる。
 会場内は、冷凍マンモスのコーナーのみ撮影禁止だったので、入ってすぐのマンモスの復元剥製(実物大らしい。)の前で写真を撮る人が多く、混雑していた。
 この剥製もなかなか、立派で見ごたえがあるが、マンモス(有名なケナガマンモスってやつだけど)って、大きさはアフリカゾウと変わらないんですよねぇ。初めて知りましたよ。ってきり、もっと巨大なものを想像してませんでした?

 最後の冷凍マンモスのコーナーは、「発見された姿をそのままに、実物を展示。これを見ればユカギルマンモスの生きている姿が想像できる!」っていうコピーの通り、生えていた毛もハッキリ残っており、神秘的でさえあった。
 このユカギルマンモスは、この永久凍土を持つロシア連邦サハ共和国(ヤクーチャ)の北方で「マンモス化石の中で最良の状態」で発見されたと言うこともあって、迫り来る不思議な感覚に襲われる。
 だって、18,000年前も昔から、凍土に閉じ込められ、現在に発掘されるなんて、時空を超える不思議がありますよねぇ。

 しかし、よくよく考えて、この化石が本物かどうかは、我々素人に見分けはつかんだろう。
 よくできた、模型を展示されても、それをそれとして信じるしかないもんなぁ。
 そういえば、昔見に行った大阪万博の“月の石”だって、そういわれるから珍しいもの見るようで、感動したけど、あれが「本当、銀色に塗装されたコークスだよ。」といわれてしまえば、ハイそれまでよって感じだったもの。

 故に、この入場料が高いか、安いかは、どう受け取り、感じるかなんだよねぇ。
 寅吉は、結構神秘を感じられたし、面白かったんだけど、でも\600暗いが適性価格じゃないかと思ったぞ!
 
 

 | HOME | 

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。