FC2ブログ

路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの粘土屋は、何処へ行った?

 この間、ALWAYS3丁目の夕日を観たせいか、昔の光景って奴を思い出す。
 そこで、昭和の光景ってカテゴリーを作り、思い出せる(たまたま思い出した時に)光景なんかを綴ってみたいと思った。
 
 ということで、今回は粘土屋の思い出。
 「粘土屋」ってしてますかぁ?

 寅吉が小学生のころ、学校の前の公園に来ていた、「粘土屋」。
 ××屋っていうからって店を構えてるわけじゃない。
 公園の入り口当たりに、店を広げてる。地面に簡単なテーブルっていっても箱の上に板を置いたって感じの台に、石膏の型を並べて売っている。ある意味、テキ屋の一種かもしれない。
 この石膏の型にはいろいろあって、鉄腕アトム(絶対ライセンスなんて取ってないよなぁ。)から般若まで。鉄腕アトムが一番安く、いわば入門用。般若は一番高く、子供達の垂涎の的だ。
 その型に入れる粘土を売っている。しかも、ただ粘土を売るわけじゃないよ。
 
 じゃぁ、何をするかって?
 石膏の型を手に入れたら、これに粘土を入れて型を取る。
 これをヒビ割れなんか無いように、水なんかをつけながらきれいにしていく。
 この成型を終えたあとで着色の行程に入るんだ。
 この着色に使うのが色のついた粉。いろんな色があって、これも粘土屋が売っている。金・銀は他の色より割高だ。その色のついた粉は、無造作に新聞紙(藁半紙かもしれない)を切った包みで売られており、なんか昔の粉薬のような感じだった。
 これで、丁寧にかつ芸術的に色をつけていくんだ。
 
 そして見事完成したら、それを粘土屋に持っていく。
 粘土屋では、子供達から提出された粘土型を並べて品評会が始まる。
 1日に何度か催される品評会の審査員は、もちろん粘土屋のオヤジだ。
 並べられた着色された粘土の型を独断と偏見で点数を付けていく。

 点数は、切符くらいの大きさの固紙に数字がスタンプされたものだった。
 オヤジは、それを採点し終えた作品を潰した上で、それに刺していく。
 並べられた全作品に点数を刺し終えると品評会は終了だ。しゃれたコメントなんていうのは、一言もありゃしない。無造作に、淡々と刺し終える。
 しかし、ここで賢い子はすぐ気付くはずだ。
 高い点数をもらう作品ほど、その元の石膏型が高いってことを・・・・・。
 子供心に資本主義の矛盾を知らされるきっかけなるともいえるかも知れない。
 つまり、鉄腕アトムをいかに綺麗に仕上げようと、決して般若の石膏型で作った作品には叶わないのだ。
 オヤジは、腹の中で言っていたんだろう。
 「高い点数が欲しければ、高い石膏型を買いな!」って。

 だから、みんなあの般若の石膏型を欲しがった。
 ただし、当時の小遣いでどうこうなる金額じゃなかった。他に欲しいものもたくさんあった時代だ。そこに使える小遣いは、せいぜい鉄腕アトムくらいだ。
 でも、中には金持ちの坊ちゃんじゃないけど、般若の型持ってて、決してうまくないのに、毎回高得点をもらう奴がいたねぇ。

 小遣いで買えない場合は、その品評会で獲得した得点が使えることになっている。つまり、般若の型は、500点とか決まっていて、得点のキップを集めると希望の型と交換できるシステムだ。また、この得点で着色用の粉も買うことができた。
 そこで、庶民である寅吉のような子は、せっせと鉄腕アトムで精をだす。あの般若の型を目指して・・・・・。
 まこと、今の資本主義の縮図のようじゃないでしょうか。

 ただし、般若の型は500点だ。
 鉄腕アトムで出品しても獲得できる得点はどんなにうまくても2点止まり。(通常は1点だ。)500点集めるには、250回から500回の出品が必要とされる。
 粘土屋は、毎日は現れない。多分週2回くらいだったと思う。
 1年52週、週2で104回。フル出場しても、3年近く懸かる。
 その間に、子供達も成長し、興味は別物に移り忘れていってしまう。
 しかも、般若の型欲しさに得点を集めているから、途中で色粉にそれを使おうなんて考えない。粘土と色粉を買ってチャレンジを続けるんだ。
 今なら簡単に偽造できそうな得点のキップだったけど、当時そんなこと考える奴はいなかたもんなぁ。
 そして、般若まではいかなくても、そこそこの得点を貯めることができたころ、粘土屋は、姿を見せなくなる。いつしか、貯めた得点のキップのことなんか忘れ、別のものへ興味が移る。
 そうすると、粘土屋は再び現れる、新たなお客を求めて・・・。
 こうして、粘土屋に遊ばれる子供達は循環していった。
 子供の心理をうまくついた商売じゃないか。

 でも、ほんとに商売として成り立っていたかというと、よくわからない。
 だた、当時の子供達が何故か夢中になるものがそこには、あったと思う。
 (でも、この粘土屋に夢中になるのは、必ず男だったよねぇ。男は早くに、資本主義の矛盾を知る必要があったのか、ただのおバカさんだったのか・・・・)
 案外、あの粘土屋のオヤジも子供好きだったのかも知れないし・・・・・。
 当時僕らの公園での遊びのアクセントは、粘土屋と紙芝居屋が双璧だった。
 紙芝居屋は結構メジャーで今も多くの人が語り草にしているが、粘土屋はマイナーなのか、あまり語ってくれる人がいない。(それとも、下町特有のものだったのだろうか?)そうそう、型屋って呼んでた奴もいたっけ。
 
 でも、寅吉は現代のポイントなんかで客を釣る商売の原点をみるようで、この粘土屋がたまらなく懐かしく思い起こされる。
 忘れかけてたころ、ズボンのポッケに入れたままだった得点の切符が、そのまま洗濯されボロボロになって出てきた時の、ちょっとホロ苦い思い出。
 有効期限が切れたポイントに気付いた時の気持ちに近いと思いませんか?
 あの、粘土屋はその後、何処へいっって消えてしまったのだろうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happyhills.blog46.fc2.com/tb.php/27-2cf11156

 | HOME | 

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。