FC2ブログ

路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハリ・ポタの世界へ

 本日「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を鑑賞。
 
 ハリーポッターのシリーズは以前仕事の関係もあって、かかさず見るようになった。もちろん原作も全部読んでいる。(現在不死鳥の騎士団までだけどね。)
 
 この映画は、独特の味わいがある。
 古きよきイングランドの景色。
 誰でも子供の頃、頭に描いたファンタジーの世界。
 謎解きの興味をそそられる、スリル&サスペンス。
 原作者J・Wローリング女史が詰め込んだ、あの厚い本2冊分を2時間半の映像化にしなければならないのは、大変なことだと思う。
 
 どこも、はしょれない重要な場面がそこいらにちりばめられているものだから、おのずと映画のテンポを速めなくてはならない。
 原作がもつ、時間が流れるという間隔が失われるのは仕方が無いことか。
 特に、ハリーが課題のヒントを解明できず、試合の日が近づくあせりとかが描ききれてなかったように思える。

 だが、それを補って余りあるのが、この映画の映像の世界だ。
 原作を読んで頭の中で描いていた世界が、実写のように再現される。
 個々の登場人物、キャラクターしかり。(残念なのは、ダンブルドア校長役の重みが少し消えてかのような気がしたこと。リチャード・ハリス氏の急死によるものだが、前回はそれほど気にならなかったが、今回は重要な役どころであるだけに少々気になった。)
 しかし、この映像の世界には引き込まれる要素が大有りだ。
 よくここまで映像化したと思える。

 この物語を書いた原作者の発想に驚かされてはいるが、発想を映画という媒体で見事に具現化した、この映画のスタッフにも驚かされる。
 だって、今までの観念でいえば、妖精はティンカー・ベルで、決して「屋敷しもべ妖精のドビー」じゃなかったんだから・・・・・。
 もっとも、こういう発想って水木しげる先生の「妖怪の世界」に通じるものがあるかもしれない。なんとなくそう感じる。

 それにしても、役者の子供たちの成長にも驚かされる。
 だんだん、大人になっていく。
 最終章まであと3年。その頃には、立派な大人になりすぎてて、原作のイメージと離れてしまわないか、いらぬ心配などしてみるほどだ。

 第6弾の原作の和訳は、来年5月に発売らしい。
 なんだ、かんだで最終章まで付き合わずにはいられない、そんな気がした。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happyhills.blog46.fc2.com/tb.php/28-f6791c26

 | HOME | 

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。