FC2ブログ

路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Panasonicの食洗機 プチ食洗 NP-TCR1 のモニターに

 Panasonicの食洗機 プチ食洗 NP-TCR1のプチ食洗 100名実感モニター大募集キャンペーン」に当選した。
 当選したといっても、他の当選者の辞退により、繰り上げ抽選を行った結果当選したとの事である。
 まぁ、繰り上げだろうがなんだろうが当選は、当選だ。

 実は、昨年、7年間使い続けた食洗機「TOTOウォッシュアップエコ」が調子が悪くなった。
 
 この食洗機は、奥行きが少ない割に高さがある。つまりスリムで背が高いタイプの食洗機でよく仕事をしてくれていた。


 ただ、妻もこの食洗機がカウンターキッチンに鎮座すると、キッチンからカウンター越しにテレビを見ながら作業するということが不可能であり、この不調を機会にその場所を空けて、見晴らしを良くする道を選びたいということで、年末に食洗機を処分したところであった。
 ただ、寅吉は、食洗機が無くなっと後の妻の食器の後片付けの時間が増したことが気になっており、食後に二人でテレビを見てくつろぐ時間が少なくなったことが気になっていた。
 そんな時に、Panasonicからのメールで「プチ食洗 100名実感モニター大募集キャンペーン」がある事を知り、100名という当選者の多さと、この食洗機が小さいということに曵かれて、ダメ元で応募してみた。
 まぁ、昔からくじ運が弱い寅吉だからあまり期待はしていなかったんだけど、当選の朗報は届かなかったんだよねぇ。
 
 妻は、もう手洗いになれて来た事だし、キッチンからテレビも見れるし、全然大丈夫と言っていたけどねぇ。


 そんなことで、全然諦めて、忘れていた頃4月に入って、例の「繰り上げ当選」のメールが来たから、驚いた。
 妻は今更、食洗機があってもねぇ、と乗り気ではなかったが、やはり食後のくつろぐ時間が短くなっているのを気にしているというと、考えを変えて来た。
 丁度そのときテレビ番組(「家電の学校」BSジャパン)で、4/11に食洗機が取り上げられ、その中で紹介された食洗機が、もろプチ食洗 NP-TCR1だったものだから、これを見た妻は俄然その気になってきた。
 多分、タイアップ的な面もあるとはわかっていながら、テレビの効果はすごいよなぁ。
 モニターでなくても、来れ見て食洗機を欲しいと思たひと結構いるんじゃないかなぁ。
 寅吉は、ここで「プチ食洗 100名実感モニター大募集キャンペーン」の条件に同意し、晴れてモニター当選の権利を得たのだ。

 さて、今度は設置場所について悩む。
 
今まで置いていたところがベストなんだろうが、キッチンからテレビまでの見晴らしに拘る妻は、できればコンロの奥へ置きたいと言った。
 確かに無理しておけば置けない事は無いが、火が近すぎる。

 説明書をダウンロードしてみても、最低15cmは、火から離すように書いてある。
 今流行のピピットコンロなんかでは、大丈夫らしいのだが、我が家は普通のガスコンロだ。台かなんか置いて、上へ離さないと難しいという結論になった。やはり、今までのところがベスト。

 分水栓は、今までのが残っているので、これを使う事ができる。
 ただ、問題がひとつ。
 この分水栓は、先々代の初めて買った食洗機(三菱製)約16年前につけたものだから、ここに来て蛇口のレバーのところから水がでてくるなどの若干のゆるみみたいな物がでてきた。(パッキンがダメになっているのかも知れない。)今は、食洗機を繫げていないので、そういうこともないが、これがまた食洗機を繫げた時にどうなるか。
 
それと、この分水栓の向きが、食洗機を置く方向と逆に出ている。
 これは、最初の食洗機を買った時に、その給水ホースの長さが調整できないため、一度逆側に逃がしてから、Uターンさせて食洗機につなぐという方法をとった為の物だ。
 できれば、これを普通の方向に直したい。


 プチ食洗 NP-TCR1の設置工事の連絡があるまで、そんな考えを巡らせながら、連絡を待っていた。
 そして、テクニカルサービスからの連絡が有り、設置日はGWの4月の29日と決まった。
 設置の状況は次回に書こうと思います。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happyhills.blog46.fc2.com/tb.php/38-d1bc5bfb

 | HOME | 

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。