FC2ブログ

路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ食洗 NP-TCR1 を設置する

 4月29日ゴールデンウィークに入ってすぐ、Panasonicのテクニカルサービスより、モニター当選した「プチ食洗 NP-TCR1」の設置に来ていただいた。
 
 当選して、条件に同意して、その権利を手にして以来、設置場所には悩んで来たが、結局従来の食洗機を置いてあった場所と同じところにするという結論にいたった。
 
 設置スペースとしては、“水切りカゴサイズ”をうたい文句にしているので、以前よりはすっきり収まるんじゃないかと期待していた。
 
 設置当日は、もう以前の食洗機を処分したあとだったので、その場所はすっきり空いていたのでした。


 問題は、給水の為の分水栓の向きを変えられるかという事だった。
 大体、食洗機についている給水ホースの長さが決まっていて、その長さの調節は利かないとおいのが多い。しかも、大概の場合は「大は小を兼ねる」という発想からなのだろうか、このホースは長めに設定してある。
  
そのため、家のようなマンションのキッチンでは、自ずと食洗機とシンクの間の距離が短いため、このホースを持て余す。したがって、以前設置した際に、分水栓の向きは食洗機の方を向かず、逆方向に向けてあり、一度逆側に出したホースがUターンして、食洗機に繋がるという形を取っていたのだ。


 この分水栓の向きを変えるのに一苦労。
 長年の使用により、元の蛇口の付け根が緩んでおり、分水栓を回すと一緒に土台まで回ってしまう。
 この為、テクニカルの人は、シンクの下に潜り込み、後ろから付け根を固定しているネジを締め直すこととなった。電気製品のテクニカルの人なので、水道関係は専門外なのだが、こちらの要望に応えてくれようと一生懸命やっていただきました。感謝。
 
 悪戦苦闘しながら、やっと分水栓の向きも変わり、「プチ食洗 NP-TCR1」を設置完了。 
 分水栓の向きを変えた為に、給水ホースは、今度食洗機側に長過ぎ、一度食洗機を行き過ぎてからUターンさせるという、前回とは逆の形になった。


 これって、どうにかならないのかしらねぇ。
 大体、食洗機を置く場所って基本的にシンクの近くになる訳ですよね。まして、今回の1人〜2人用を唱う「プチ食洗」なわけだから、きっと購入者のキッチンもそんなに大きくはない事が想像される。すると自ずと食洗機の設置場所からシンクまでの距離は短くなるはずなんだやねぇ。そういう状態で、この調整が利かない給水ホースの長さって、長過ぎやしないかい?
 もっと短い物を基本にして、長い給水ホースをオプションとかにできないもんかしら。
 または、やはり長さの調整が利く、給水ホースを開発してもらいたいと思う訳です。
 
 まぁ、その給水ホースの長さ以外は、設置状況には文句はなかった。
 
 シンクの隣のスペースにジャストフィット。前の食洗機は若干シンクにはみ出していたが、今回はそれもなく、キッチリ収まってます。

 
 
 妻が心配していた、カウンター越しのテレビの見え方も問題無し。以前の食洗機(645mm)との高さの違いが実感できます。(プチ食洗 NP-TCR1は、高さ460mm)

 この約180mmの違いは大きい。カウンターキッチンの利便性を損なう事無く設置できた。
 これは、以前の食洗機と違ってありがたいことなのだが、その分収容量が落ちているという事かも知れない。
 それに、ついてはまた次回。
 
 使ってみての感想や気がついたところなど、レポートして行きたいと思います。 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happyhills.blog46.fc2.com/tb.php/39-bf577dc5

 | HOME | 

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。