FC2ブログ

路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プチ食洗 NP-TCR1 の使い勝手はどうだろう

 さて、プチ食洗 NP-TCR1を本格的に使い始めての感想を書こう。
 前回も書いたが、そのコンパクトな大きさから、食器を庫内に上手く収めるには、多少の工夫がいる。
 
 食器の向き、洗浄用のノズルから上手く水が当たる方向に食器を並べる。 これが、洗浄後の食器の綺麗さに関わる。このようにある程度小さめの食器が多いと入れ易い。

 
 このような大きなカレー皿などは、入れようとしても入らない。他に食器が無ければ、無理矢理斜めに入れることが可能かも知れないけど・・・・。自ずとこういう大皿は手洗いすることになる。

 
 
 この日のメイン・デッシュは、この油付きの白皿。これがどこまで落ちているかで、ある程度の洗浄力を見る事ができると考えた。ミスト洗浄の威力も見てみたい。

 
 洗浄後の白皿。完璧にピカピカだ。大小のミストで除菌しながら汚れをはがすという触れ込みは嘘じゃなかった。ある程度の汚れは落ちると期待していたが、まさか新品の皿のような仕上がりまでとは思わなかった。


 入れ方に多少の工夫はいるものの、この完璧な汚れ落ちをみると、このプチ食洗は、大きさこそプチだが、その能力は、決してプチでゃない。というか、かなりの高い能力を有している。
 
 
 操作も至って簡単。前面のパネルにはボタンも少なく、機械音痴の妻が簡単に把握できてしまった。簡単な操作こそ最大のメリットだと思う。

 
 こうして使い始めての感想は、上々。
 2人暮らしのうちの家庭にはジャストフィットだし、妻の食器洗いの時間が短縮できて、2人でテレビを見てくつろぐ時間が増えた。
 ただひとつ残念なことは、前の食洗機にはあった、時短コース(8分の簡易洗浄コース)がなかったこと。
 これ、案外便利で、ちょっとした汚れはこれで十分であったので、よく利用していた。
 このプチ食洗 NP-TCR1には、除菌ミストから洗浄、乾燥までで約90分のコースと、乾燥無しで60分のコースだけで、それなりに時間がかかる。そのため、結局寝る前にスイッチを入れて寝ている間に専用という方法を取る事が多い。
 それ故、量が多かったり、大きな皿があるとき等、分けて洗浄したい時、時間的に難しくなるってことなんだなぁ。
 これが、唯一の欠点かな。

 次回は、食器の形状や種類で、洗浄力がそうなるかをレポートする予定。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happyhills.blog46.fc2.com/tb.php/41-901bc170

 | HOME | 

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。