路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不愉快なTSUTAYAギフト券

 今回、アンケートに答えたことで、TSUTAYAギフト券が¥500×2枚、当たったので利用させていただくことにしました。

TSUTAYA


 裏面に「一部ご利用がいただけない店舗、サービス・商品がございます。」との記載があったので、多分販売西か使えないので、レンタルだけの店ではダメなのだろうと判断した。
 
 幸い、自宅近くの石神井台店では、販売を行っているので、CDを購入しようと、レジに数十分並んだ。
 やっと順番が来て会計となった時に、「この券は、当店では使用できません。」ととっとと会計を進めようとされました。
 それでは、「これは、どこで使えるのか。」と聞くと「一番近いところは、新宿店です。」とのこと。
 なんか、納得できなかったのだが、頭に来たので、購入をキャンセルした。

 確かに、「一部ご利用がいただけない店舗、サービス・商品がございます。」と記載はされているのですが、その一部の店舗の名前等の記載はどこにも無い。
 まして、一番近いところで新宿店だという。
 家から、電車賃を往復で5百円近くかけて、わざわざいくのもばからしい。
 大体レンタルに、そんな遠くに行く人間はいねいと考えるのが普通だと思うし。
 (レンタルは、利用いただけないサービスって事なんだろうなぁ、きっと。)でも、そうなら販売だけだよなぁ、この券が使えるのは。
 それって、一部使えないサービスがあるって言うのでなく、使えるサービスは一部に限られるってことと違いますか?
 同じように、使える店舗も限られるってことなんだろうなぁ、ほんの極一部に。
 
 大体、レンタルには使えそうにないと予測はしていたんだが、その為、販売をしている店舗という事で石神井台店にいったのだが、そこも利用できる一部の限られた店舗ではなっかたようだ。
 
 TSUTAYAの「コンタクトセンター」に問い合わせても、利用可能店舗は、すぐにはわからない。
 各店舗に確認しなくてはいけないという返事。
 まったく、自分の会社で確認できていないのを、こっちで利用可能店舗を探して、使えってことなのか?
 
 確かに、景品のギフト券だからと言えば、それまでだが、自社の人間が利用可能店舗も把握できていない物を、ユーザーに「景品です」と、しゃぁしゃぁと送る神経もわからない。
 この券を使おうと、近所のTSUTAYA石神井台店まで出かけ、レジに並んだ時間がもったいない。
 まったく、この券のお陰で、時間を無駄にされた挙げ句、つまらん怒りを覚えた。

 最低限、この券を送るのなら。この券が使える店舗を記載してくれれば。
 でないと私のように、TSUTAYAに不信感をいだきかねない。
 「一部ご利用がいただけない店舗、サービス・商品がございます。」とするなら、その一部の内容を明記しなくては、この券で釣って、レジで断って、普通に買わせる為のツールに思えてしまう。
 まさか、それが狙いと違うんでしょうねぇ。

 今日は、非常に不快な思いを致しました。
 最初の景品の提示の段階で、上記の事明記してくれれば、アンケートの回答もプレゼント応募も避けたのに。
 そうすれば、今日の無駄な時間の浪費もなかったのにと、思う。  

 PS 追記になります。

 TSUTAYAの「コンタクトセンター」に「使える店舗を教えてくれ!」って文句を言ったら、「調べてお応えします。」とのことで、その連絡があった。

 そうしたら、石神井台店が使えないと言ったのは、店舗の勘違いで、「実は使えます。」とのこと。
 しかも、ほとんどの店舗で「販売にも、レンタルにも使える事になっている。」って。

 な〜んや、それ!
 確かに、TSUTAYAの「コンタクトセンター」でさえ、その使用店舗が調べなくてはわからないっていう程度から、店舗にちゃんとオペレーションされている訳が無いわな。
 店舗が勘違いって、そういう連絡も説明も全然なかったんじゃないのかなぁ?
 
 そんあ、ギフト券をプレゼントの景品として、平気で使うから、こういう問題になるんやなぁ。
 店舗には気の毒だけど、すぐに文句の電話をかけ、自宅までCDえお届けてもらった。
 そうでもしないと、時間を無駄にされた、こっちの気が治まらなかったからなぁ。
 
 でもこれは、運営上の大きなミスやろなぁ。
 TSUTAYAもこういうところ、ちゃんとせな、顧客を失い続けるんとちゃうか?
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://happyhills.blog46.fc2.com/tb.php/43-007b84c9

 | HOME | 

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。