FC2ブログ

路地裏の中年

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珈琲茶房 花仙堂

 

 花見の帰り、といっても人の多さに負けて帰るときに寄った甘味処。
 マルイの横の通りを井の頭公園に向かっていく途中にあります。

 地下?へ下る階段を降りたところに入り口があり、その前には桜の木。ちょうど満開で咲き誇っておりました。
 中は、明治とかの洋館?風というか、和風なんだけど洋物っぽい感じ。古風なんだけど新しい感じ。大正レトロとでもいうか風情がある内装になっています。壁に書かれた水墨画がいい味出してます。

 ここで「黒胡麻パフェ」とアイスコーヒー、妻は「珈琲ソフトクリーム」と花仙堂オリジナルブレンドをたのみました。
 黒ごまパフェは、黒ごまアイスと白あんクリームにコーヒーゼリーが入っていて甘すぎず、美味しかった。珈琲ソフトクリームも絶品でしたが、なによりコーヒーの味がよい。さすが珈琲茶房を名乗るだけのことはあると感じられます。

 お昼のメニューなんかもあるので、1回昼を食べに行ってみたいと思ってます。

ハモニカ横丁 スパ吉

iPod shuffle

 今日は、吉祥寺のハモニカ横丁にあるお店。
 ハモニカ横丁は、路地裏の雰囲気満点で、美味しそうなお店も結構あります。

 その中のひとつ、「スパ吉」。
 ここの、一晩じっくり煮込んだミートソースは、絶品!
 麺もモチッとした平麺(パスタでは珍しいかも・・・)で食感もよく、ミートソースとよく合います。寅吉は、この大盛りを頼み、妻はそのシーズンの旬を使ったパスタ(この間は、旬の葱と海老の生姜醤油仕立てだったかな。)を頼み、分け合って食べた。この旬の食材を使ったパスタもシーズン毎よく研究して提案されるので楽しみのひとつだ。

 従業員さんの対応もよく、行列の処理(並んでいるときから、タイミングを見計らい注文を聞いてくれる。故に席について程なく注文のパスタが出てきます。)も適切。奥行きがあるので、行列ができてても、待ち時間はそれほどでもないことが多い。

休日のブランチなどに最適。ハモニカ横丁の懐かしい風景と合わせて楽しめます。

Ess-a-bagel(ベーグルを食べよう。)

ベーグル

 今年初めての路地裏は、ベーグルのお話。

 あれは、3年前例のNYのテロの直前、寅吉夫妻はNYにいた。
 NYに着いた日、まず食べに行ったのが評判のEss-a-bagel(エッサ・ベーグル)(写真下)。そこでなにを注文しようか迷っていたジャパニースに声をかけてくれたお店の女の子(日本人)。聞けば、日本でベーグル屋さんを開くのが夢でNYまで修行に来てるとのこと。
 感心するわれ等夫婦は、彼女の夢に大いに元気づけられ、ベーグルもことさらおいしくいただいてきた。その後、妻は彼女とメールのやり取りを何回かしていた。驚いたのは、帰国してすぐにテロが起こり、NYで働く彼女がどうしたたのか心配になったことだ。妻はメールデ彼女と連絡をとり、無事であることがわかりホッとしたのを昨日の様に覚えている。
エッサベーグル

 その後彼女は程なく帰国。(たぶんテロの影響もあったと思う。)自分の夢の実現にむけて準備に入ったようだ。想像するに簡単なことではなかったと思う。車での移動販売などの方法も考えたらしい。
 しばらくすると、どこかのお店においてもらえることになったらしく、通販もやってますとのことで紹介もかねて我が家にベーグルが送られてきた。そのベーグルは、NYの味を思い起こさせてくれるエッサの味がした。また、彼女が夢に近づいていることを知ると、少しうらやましくもあり、嬉しくもあり。たった一度、NYのお店で触れ合った縁が、他人の夢の実現にこんなに気持ちが動くことに我ながら不思議な気持ちがしたものだった。

 そして、昨年の8月彼女から代々木上原に店を出しました、とのメールが入った。
 おお、ついにやったかぁ。と寅吉は歓心しきりだった。通販では、配送料の問題などがありいささか心配してたけど、店を出したんだぁ。これは、一回たずねていかなくっちゃ、と思いつつ、開店後すぐは忙しそうだし、実際NYで1回逢っただけの自分達だし、少し落ち着いてから(軌道にのってからの)方がいいかなぁって思っているうちに、半年が過ぎてしまった。

 その間、彼女のお店の評判がだんだん聞こえるようになり、結構好評で行列もでき、早々に売り切れることもあるとの情報も聞こえてきた。そこでついに我ら夫婦は彼女の店を訪ねることに。

マルイチベーグル

 場所は代々木上原の駅から、井の頭通り方面出口を出て、仲通商店街へ向かいます。商店街入って2件目薬局(ドラッグサポート)の向かいにあります。(写真上)
 店名は「マルイチベーグル」。
①ベーグルのホームページは、ココ。(人手が少ない―彼女一人ですべてをきりもりしてるらしい―ので概要1頁だけですみませんって言ってました。)お近くの方、ベーグル好きの方は是非一度行って見て下さい。味は寅吉が保証します。手作りって感じも好感がもてるし、エッサの味もNYの香りも蘇らせてくれること請け合いです。マルイチベーグルで焼きたてのベーグル(写真右上)を Ess-a-bagel!(ベーグルを食べよう。)

 PS 夢の実現にまい進してきた彼女を寅吉は応援するし、RESPECT します。

«  | HOME | 

Recommend

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

房 寅吉

房 寅吉

東京は下町 浅草生まれ、昔少年だった寅吉も中年の域に達してまいりました。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。